中性脂肪が問題なわけ

中性脂肪の数値が高いと問題です。
血液中の中性脂肪の量が多いと、動脈硬化の原因になるからです。
心臓から送り出される血液を運ぶ動脈が硬くなります

血管の内側には余分なコレステロールが溜まるので、血管が破れる血栓症にも繋がります
中性脂肪が問題なわけではなく、生きていくうえである程度は必要です。
ただ高すぎることで動脈硬化が進んでしまいます

中性脂肪が問題なのは、高くなったからといっても自覚症状があまりなく、検査を受けて数値を知るしかない点です。
自覚症状がないので、気が付いた時には動脈硬化を引き起こしているということがあります。
あくまで基準値を超えた場合に問題とされるということです。

中性脂肪は他にも糖尿病心筋梗塞など生命に関わる症状を引き起こす原因にもなります。
ですから基準値を超えている人簡単に考えない方がよいです。
怖いのは自覚症状がなく、体の中で症状が進行していることです。

気になる人は食事など生活習慣を改善しましょう。
食べ過ぎ高カロリーな物甘い物の摂りすぎには注意が必要です。
適度に体を動かすことも大切です。

健康管理に酵素を⇒万田酵素

スプレッドとは